宮川彬良×Shion(旧大阪市音楽団)「キャラバンの到着」「Shall we dance?」

宮川彬良×Shion(旧大阪市音楽団)「キャラバンの到着」「Shall we dance?」

2015年5月5月日 南港 ATCで開催されたイベント

キャラバンの到着「ロシュフォールの恋人達」
Shall we dance?「王様と私」

日本で最も長い歴史を持つプロの交響吹奏楽団「Osaka Shion Wind Orchestra」は、
1923年(大正12年)に誕生。
大阪市民の楽団として親しまれてきた交響吹奏楽です。
各都市での演奏会や吹奏楽講習会など幅広い活動を通して音楽文化の向上と発展のために力を注いでいるほか
「全日本吹奏楽コンクール課題曲の模範演奏」「センバツ高校野球大会入場行進曲の演奏」など、日本を代表する吹奏楽団として多方面で活躍。
(全日本吹奏楽コンクールの課題曲の模範を演奏しているのは、Shionと佼成ウインドオーケストラの2つだけです。)
これまで3度の大阪文化祭賞、日本民間放送連盟賞、日本吹奏楽アカデミー演奏部門賞、大阪芸術賞、
なにわ大賞を受賞。
2014年4月に「一般社団法人 大阪市音楽団」として民営化。宮川彬良が音楽監督、秋山和慶が芸術顧問に就任。

詳しくはhttp://shion.jp/
ホームページより抜粋

Event, which was held in May 2015 Asia & Pacific Trade Center

Arrivée des camionneurs “lovers of Rochefort”
Shall we dance? “King and I”

Professional Symphony brass band with the longest history in Japan, “Osaka Shion Wind Orchestra” is,
Born in 1923.
Is a symphonic brass band has been popular as the orchestra of Osaka citizens.
In addition it is pouring to improve the force for the development of music culture through a wide range of activities, including a concert and brass band workshops in each city
Such as “model performance of the All-Japan Band Competition Repertoire,” “performance of selected high school baseball tournament entrance march”, active in various fields as a brass band to represent Japan.
(Is it playing the model of the repertoire of the All-Japan Band Competition is, only two of Shion and Kosei Wind Orchestra.)
This up to three degrees of Osaka Cultural Festival Award, National Association of Commercial Broadcasters in Japan Prize, Japan Wind Academy Award performance, Osaka Art Award,
It won the grand prize Naniwa.
Privatization as “Institute Osaka City Music Orchestra” in April 2014. Miyagawa AkiraRyo music director, Kazuyoshi Akiyama was appointed artistic adviser.

For more details, http://shion.jp/
Excerpt from the website

コメント